高校受験本番までにどうすれば短期間で成績を伸ばすかが問題です

高校受験本番までにどうすれば短期間で成績を伸ばすかが問題です

子どもは言葉の能力が発展途上ということで、文章を読解したり、記憶したりすることにはどうしても限界があります。
一方で、感性が豊かなので直観的な理解と記憶に優れています。

ここで少し人間の脳の話題について説明しましょう。

高校受験生である、14〜15歳くらいの年齢の子どもは右脳が優位に働きます。
実はこれを受験勉強にどうやって生かすかを考えればいのです。 人間の脳は、イメージ・空間・リズム・全体像等を認識する右脳と言葉や論理・数式を考える左脳との両方のシステムで構成されていることはよく知られています。

多分あなたのお子さんも、学校では一方的に先生の話を聞かせるという言葉に頼った勉強を強制され、分厚い教科書や参考書を使わされているはずです。 つまり、まだ発展途上の左脳を酷使して実はよく働く右脳を全く使っていないのです。
それが現在の学校での教え方・勉強法であり、多くの中学生たちが実際に行っている誤った勉強法なのです。
元気な右脳の働きを活性化させ左脳の負担を抑える勉強法こそが、高校受験本番までの短期間で大きく成績アップさせることが可能な最も効果的な方法なのです。

>>> 高校受験の本番までに成績を大きく伸ばす学習法の詳細はこちら